本文へジャンプ

№47 施設・在宅看護師研修-高齢者の尊厳を支える看取り研修-

日時

平成30年10月23日(火) 10:00~16:00

場所

福島県看護会館みらい

目標

在宅・介護施設等における看護職員が、本人及び家族の意思決定支援や多職種と協働しながら安らかな最期を迎えるための支援方法を学ぶ。

内容

①老いること、死ぬことの意味と老衰死及び終末期の状態像の変化
②全人的苦痛(身体・心理・社会的苦痛、スピリチュアルな苦痛)
③看取りに関する法律等(医師法第20条但書と第21条、看取り介護加算)
④倫理的課題(意思決定支援及びセルフケアの考え方)
⑤在宅看護専門看護師の立場からの報告
⑥グループワーク(本人の意思決定におけるセルフケアの支援の在り方及び家族の意向確認の支援について)

講師

正木治恵 (千葉大学大学院看護学研究科 教授)
柏木久美子(福島県立医科大学会津医療センター附属病院 在宅看護専門看護師)

対象

保健師・助産師・看護師・准看護師
在宅・介護施設等に勤務する者

定員

100名

受講料

6,610円(会員3,370円)

申込期間

平成30年8月1日(水)~9月7日(金)必着 ※申込期間を延長しました

申込方法

2018 研修参加要領

2018 研修申込書

PDFファイルをご覧になるにはAdobe Acrobat Reader(無料)が必要です。
Adobe Acrobat Reader ダウンロードはこちらへ