新型コロナウィルス感染拡大対応として、協会事業を一時休止しているところですが、6月24日の通常総会や8月からの研修会等の開始に向け準備をしております。
本協会では、看護職の皆様が安心して会館を利用いただけるよう感染予防対策を検討してまいりました。
対策の一つとして、福島民報社様から寄贈頂いた「AIサーマルカメラ」を6月10日に正面玄関へ設置いたしました。
来館される皆様がご自分の体温をご自身で確認できるようになっております。
体温が37.5度以上の場合は、英語のメッセージでお知らせします。その際は窓口で職員に声をかけて頂くようご協力ください。
さらに、各部屋の入り口にノンタッチディスペンサーを設置し、手指消毒がでるようにいたします。

3密を避け、新しい生活様式の考え方を取り入れ、研修会や委員会活動等を行えるよう環境を整えてまいります。

            会館入口に設置された「AIサーマルカメラ」