本文へジャンプ

教育基本方針

目指す看護職像

  1. 生命の尊重や人間の尊厳を遵守し、豊かな教養と高い倫理観をもち、より質の高い看護を提供できる。
  2. 科学的根拠と専門的な知識・技術に基づき、あらゆる場で看護を実践できる。
  3. 看護職として専門性を発揮し、多職種と協働してチーム医療を推進することができる。
  4. ワークライフバランスを保ち、キャリアを磨き、看護職として自律することができる。

教育理念

人間の尊厳と権利を尊重する姿勢をもち、多様化する社会のニーズに応えられる創造性豊かな専門職業人を育成する。
本協会は、職能団体として生涯を通したキャリア開発を支援する。

教育目的

看護職として主体性・自律性をもち、質の高い看護サービスを提供できる人材を育成する。

教育目標

  1. 豊かな人間性と高い倫理観を養う。
  2. 科学的根拠に基づいた安全で質の高い看護実践能力を養う。
  3. 多様化する社会のニーズに対応できる能力を養う。
  4. 看護実践に活用できる研究的・科学的な思考ができる能力を養う。
  5. 看護職に必要なマネジメント能力を養う。

教育研修計画

看護職が継続学習による能力維持・開発に努めることは、看護職自らの責任ならびに責務である。
本協会は、日本看護協会から示された「専門職業人として看護職に必要な能力の全体像」と「看護実践能力に応じた学習段階設定」を基本としたクリニカルラダーを取り入れて教育研修を計画している。