本文へジャンプ

№44 平時から考える災害看護

日時

平成30年9月4日(火) 10:00~16:00

場所

福島県看護会館みらい

目標

災害時の看護職の役割を知り、平時から災害への備えの必要性を学ぶ。

内容

①災害対策に関連する基礎的事項
②災害の種類、サイクル
③事前の安全対策、事故対策と備え
④災害看護と論理的思考
⑤リーダーシップの本質
⑥CSCATTT(トリアージの実際/災害による健康被害と予測/放射線事故による対応/避難所の後進性と課題)
⑦保健福祉と医療連携の課題

講師

石井美恵子(国際医療福祉大学大学院医療福祉研究科 教授)

対象

保健師・助産師・看護師
看護管理者

定員

200名

受講料

8,770円(会員4,450円)

申込期間

平成30年7月2日(月)~10日(火)必着

申込方法

2018 研修参加要領

2018 研修申込書

PDFファイルをご覧になるにはAdobe Acrobat Reader(無料)が必要です。
Adobe Acrobat Reader ダウンロードはこちらへ