本文へジャンプ

平成30年度 診療報酬改定の疑義解釈について

 平成30年度診療報酬改定の一部の項目において、新たに看護師に関する[研修や認証の要件]として、認定看護師教育課程および特定行為研修(特定行為に係る研修制度により厚生労働大臣が指定する指定研修機関において行われる研修)、アドバンス助産師が含められることが明記されました。5月11日に開催されました日本看護協会理事会にて報告がありましたのでお知らせいたします。

  疑義解釈資料(その1)(その3)より抜粋【PDF322KB】

     ●本資料は、下記に掲載されている疑義解釈から一部抜粋したものです。
     ●通し番号および★は日本看護協会医療政策部によるものです。

厚生労働省の疑義解釈資料

告示および通知の取扱いに係る疑義解釈資料を掲載いたしますので、ご参考になさってください。

  疑義解釈(その1)平成30年3月30日【PDF1971KB】
  疑義解釈(その2)平成30年4月6日【PDF300】
 
 疑義解釈(その3)平成30年4月25日【PDF809KB】