本文へジャンプ

№52 新人看護職員研修実地指導者研修

(なお、対象施設には開催案内を送付します)

目的

新人看護職員研修を効果的に実施するために必要な実地指導者としての能力を高める。

主催

福島県
公益社団法人福島県看護協会

期間

平成29年5月25日(木)~5月27日(土) (3日間)

場所

福島県看護会館みらい

受講資格

  1. 保健師、助産師、看護師で、今年度新人看護職員実地指導者の任にあるもの
  2. 全課程出席できる者
    (実地指導者とは:臨床現場のOJTとして新人看護職員を直接指導評価するもの)

定員

120人程度(定員オーバーの際は調整あり)

内容

  1. 新人看護職員臨床研修体制について
  2. 実地指導者の目的と役割
  3. 実地指導者に求められる能力
  4. 新人世代の特徴と新人の置かれている現状
  5. 新人をどのように支援していくか(メンタルサポート支援も含めて)
  6. 個別指導計画作りと評価についてのポイント
  7. 人を育てること、教えることとは ~教育的なかかわりの本質を考える~
  8. 新人看護職員研修計画に沿って、個別指導案の作成(演習)
  9. 指導案の作成において工夫した点と実地指導者としての新人への支援について
    (グループワーク)

受講料

無料
講習受講のために要する費用(食費・宿泊費・文具費など)は受講者の負担とする。

受講申込方法

申込書(様式1)に優先順位で記入し、下記宛て郵送にて申し込む。
申込の際、返信用封筒(長3・定形・切手貼付不要、住所、看護職責任者の役職・氏名を記入)を同封すること。

申込期間

平成29年4月10日(月)~4月21日(金) 必着

受講者の決定

選考の上、看護職責任者あて通知する。
尚、受講決定通知と共に受講票を同封する。

研修受講にあたり把握していてほしい内容

・各自の病院における「新人看護職員研修の年間プログラム」
・各自の「部署における新人看護職員研修教育プログラム」
・厚生労働省:新人看護職員研修ガイドライン

持参するもの

・受講票
・受講証明が必要な方は、教育研修計画の冊子
・必携テキスト
    目黒悟著「教えることの基本となるもの~「看護」と「教育」の同形性~」

            メヂカルフレンド社  2016年8月出版
・ラインマーカー4~5色、のり

申込先及び問合せ先

〒963-8871 郡山市本町一丁目20番24号
福島県看護協会 教育研修課 TEL 024-934-0512

申込書のダウンロード

平成29年度新人看護職員研修実地指導者研修申込書(様式1)【WORD17KB】

PDFファイルをご覧になるにはAdobe Acrobat Reader(無料)が必要です。
Adobe Acrobat Reader ダウンロードはこちらへ