本文へジャンプ

№50 認定看護管理者セカンドレベル教育課程

日時

2019年9月10日(火)~11月8日(金) 9:30~16:30

場所

福島県看護会館みらい

教育理念

多様なヘルスケアニーズを持つ個人・家族及び地域住民に対して質の高い看護サービスを提供することをめざし、様々な状況に対応できる看護管理者を育成する。教育体制を整え、看護管理者の資質と看護の水準の維持及び向上に寄与することにより、保健医療福祉に貢献する。

教育目的

看護管理者として基本的責務を遂行するために必要な知識・技術・態度を習得する。

教育目標

  1. 組織の理念と看護部門の理念の整合性を図りながら担当部署の目標を設定し、達成に向けた看護管理過程を展開できる。
  2. 保健・医療・福祉サービスを提供するための質管理ができる。

カリキュラム

こちらをご覧ください。

受講要件

  1. 日本国の看護師免許を有する者
  2. 看護師免許を取得後、実務経験が通算5年以上ある者
  3. 認定看護管理者教育課程ファーストレベルを修了している者。または看護部長相当の職位にある者、もしくは副看護部長相当の職位に1年以上就いている者

受講者の選考方法

認定看護管理者教育課程運営委員会において審査し、決定する。

  1. 提出書類の審査
    ①受講要件及び提出書類の不備の有無を審査する。
    ②受講条件を満たしていない、または提出書類に不備がある場合は選考対象から除く。
  2. 提出されたレポートを評価基準に基づいて審査

課題レポートと評価基準

  1. 課題レポート
    自施設の現状を分析し、自身の立場で取り組みたい課題について考察する。また、自身の課題に沿ったテーマを付け、別紙様式により1,500~1,600字、MS明朝10.5ptで作成し提出する。
  2. 評価基準
    評価項目 評価の視点
    A.十分満足できる B.やや努力が必要である C.努力が必要である D.かなり努力が必要である
    テーマ ①内容に即したテーマである ①の項目がおおよそ満たされている   ①の項目が満たされていない
    5点 3点   0点
    中間管理者としての考えと内容 ①自施設の現状を踏まえている
    ②自分の立場を踏まえている
    ③看護管理について今後の方向性と活動を明確に表現している
    ④課題に応じた内容が盛り込まれている
    ⑤論旨が課題に対応している
    ①~⑤のいずれか3~4項目が満たされている ①~⑤のいずれか1~2項目が満たされている ①~⑤のすべての項目が満たされていない
    35点 25点 10点 0点
    スタイルと
    フォーマット
    ①文章が平易である
    ②レポートとして適切な表現を用いている
    ③誤字・脱字がない
    ④1,500~1,600字にまとめている
    ①~➃のいずれか2~3項目が満たされている ①~➃のいずれか1項目が満たされている ①~➃のすべての項目が満たされていない
    10点 7点 3点 0点

 修了要件

  1. 教科目時間数の5分の4以上出席すること。
  2. 教科目レポートによる審査に合格すること。
  3. 統合演習による審査に合格すること。

定員

40名

受講料

393,520円(会員196,890円)

申込期間

2019年6月3日(月)~10日(月)必着

申込方法

2019 認定看護管理者教育課程参加要領
2019 セカンドレベル受講申込書(様式2)
2019 課題レポート(様式3)
2019 勤務証明書(様式4)

PDFファイルをご覧になるにはAdobe Acrobat Reader(無料)が必要です。
Adobe Acrobat Reader ダウンロードはこちらへ