本文へジャンプ

№59 看護職員認知症対応力向上研修

(なお、対象施設には開催案内を送付します)

目的

認知症の人と接する機会が多い看護職員に対し、医療機関等における入院から退院までのプロセスに沿った必要な基本知識や、個々の認知症の特徴等に対する実践的な対応力を習得し、同じ医療機関等の看護職員に対し伝達することで、医療機関内等での認知症ケアの適切な実施とマネジメント体制の構築を目的とする。

主催

福島県
公益社団法人福島県看護協会

期日

平成29年8月3日(木)・8月4日(金)・8月10日(木) 【3日間】

場所

福島県看護会館みらい

受講対象

・福島県内の医療機関(病院)のリーダー的な役割を担う看護職員(看護師長クラス以上)(准看護師は除く)

受講者目標

①自施設において、病院勤務の医療従事者向け認知症対応力向上研修に相当するレベルの研修(基本知識相当)をスタッフ向けに実施できる。
②病院で求められる“認知症”、“せん妄”、“地域連携”に最低限対応できる。
③自施設において“認知症”、“せん妄”に対応するマネジメント体制を作ることができる。

事前課題

下記は予定。受講決定時に課題内容を改めて送付する

①自施設におけるSWOT分析
②事例検討

受講定員

50人程度

内容

平成29年度看護職員認知症対応力向上研修プログラム【PDF211KB】のとおり

受講料

無料

受講申込方法

申込書(様式1)により、下記宛て郵送にて申込む。
受講決定通知及び課題を送付するので、住所及び看護職責任者の役職・氏名を明記した返信用封筒 2名以上は角封筒(A4サイズ)(切手不要)を同封する。

申込期間

平成29年6月19日(月)~6月30日(金) 17時必着

受講決定

受講決定は、看護職責任者あて通知する。
なお、受講決定通知と共に受講票を同封するので、研修会当日必ず持参する。

その他

1.平成28年度社会保険診療報酬改定における「認知症ケア加算2」の施設基準にかかる研修の項目を満たす研修となるため、3日間全時間を受講することにより、修了証書を発行する。
2.研修会修了後、地域の認知症医療体制の推進、認知症の人及びその家族等の受診の利便性に資するものとするために修了者の所属機関名及び氏名の公表に対する確認書の提出がある。(福島県での管理となる)

申込先及び問い合せ先

〒963-8871  郡山市本町一丁目20番24号
福島県看護協会 教育研修課   TEL 024-934-0512

申込書のダウンロード

平成29年度看護職員認知症対応力向上研修申込書(様式1)【WORD18KB】

PDFファイルをご覧になるにはAdobe Acrobat Reader(無料)が必要です。
Adobe Acrobat Reader ダウンロードはこちらへ