本文へジャンプ

教育計画

福島県看護協会の教育計画は、一般研修及び職能別研修、認定看護管理者教育課程、受託研修からなる研修会と学会、集会、交流会で構成されています。

一般研修

  1. 看護専門職として豊かな人間性と高い倫理観を養う研修
  2. 対象者を全人的な視点で捉え、生活の質を高めるための看護実践能力を養う研修
  3. 対象者の意思決定を支え、個別性に配慮した看護を実践する能力を養う研修
  4. 看護職としての専門性を高め、多職種と協働する能力を養う研修
  5. 看護実践に活用できる研究的・科学的な思考ができる能力を養う研修
  6. 多様なニーズを持つ個人、家族、地域住民に対して質の高い組織的看護サービスを志向するマネジメント能力を養う研修

職能別研修

認定看護管理者教育課程

受託研修

学会

集会

交流会

 

「平成30年度教育計画」はこちら 

研修は、「看護実践能力」「自己教育・研究能力」「組織的役割遂行能力」の3つの臨床能力で分類しています。そして、あらゆる施設や場におけるすべての看護職に共通する能力である「看護実践能力」については、「看護師のクリニカルラダー(日本看護協会版)」(JNAラダー)に基づき、「ニーズを捉える力」「ケアする力」「協働する力」「意思決定を支える力」の4つの力で分類しています。
4つの力