本文へジャンプ

№51 認知症高齢者の看護実践に必要な知識

日本看護協会受託研修

日時

平成30年6月14日(木)~15日(金) 9:30~16:30

場所

福島県看護会館みらい

目的

 国の施策や医療の現状を理解するとともに、入院中の認知症高齢者を適切にケアするための基本的な知識を学ぶ。

内容

①認知症高齢者の医療の現状と国の取り組み・認知症に関する原因疾患と病態・治療
②認知症高齢者の基本的な捉え方・認知症高齢者に有用な情報収集とケアの方法(演習を含む)
③認知症高齢者の在宅移行に向けた情報共有と実際(演習を含む)
④認知症高齢者に効果的な院内デイケアと入院中の安全確保の実際
⑤認知症高齢者に対する倫理的配慮と家族への意思決定支援・身体拘束に対する捉え方とケア創造への取り組み(演習を含む)

講師

①新美芳樹 (藤田保健衛生大学脳神経内科学)
②山元智穂 (虎の門病院/前・浴風会病院:老人看護専門看護師)
③原田かおる(高槻赤十字病院:老人看護専門看護師)
④吉村浩美 (聖隷福祉事業団浜名湖エデンの園:副園長・認定管理看護者
       前・聖隷福祉事業団聖隷三方原病院:総看護部長)
⑤高梨早苗 (国立長寿医療研究センター:老人看護専門看護師)

対象

看護師(認知症ケア加算2の施設基準に準ずる)

その他

インターネット配信研修
認知症ケア加算2対応

定員

300名

受講料

9,288円(会員6,156円)

申込期間

平成30年4月16日(月)~27日(金)必着

申込方法

申込書に記入のうえ、福島県看護協会まで郵送にて申し込む。

開催要項
プログラム
申込書

PDFファイルをご覧になるにはAdobe Acrobat Reader(無料)が必要です。
Adobe Acrobat Reader ダウンロードはこちらへ