本文へジャンプ

№31 地域包括ケアシステム構築に向けた看護職の役割

日時

平成30年8月28日(火) 10:00~16:00

場所

福島県看護会館みらい

目標

2025年問題に向けて地域包括ケアシステムを学び、看護職の役割を理解する。

内容

①地域包括ケアシステムとは
②地域包括ケアシステムが必要とされる背景
③地域包括ケアシステムにおける看護職の役割(在宅医療介護連携推進事業/病院と地域をつなぐため)
④退院支援・調整の基本的な考え方とプロセス
⑤看護がつながる在宅療養支援(訪問看護の役割/在宅医療の実際)
⑥グループワーク(多職種との連携・協働)

講師

關真美子(佐久総合病院 統括看護部長)
細萱信予(佐久総合病院 副看護部長)

対象

保健師・助産師・看護師

定員

200名

受講料

6,610円(会員3,370円)

申込期間

平成30年6月1日(金)~11日(月)必着

申込方法

2018 研修参加要領

2018 研修申込書

PDFファイルをご覧になるにはAdobe Acrobat Reader(無料)が必要です。
Adobe Acrobat Reader ダウンロードはこちらへ